リバーブ・ホール

カオスグレイモン
「ウォオオ――ッ!! きさま、何モノだァァアア――ッッ!!
 ここは、カオス3しょうぐんが1人 カオスグレイモンさまの リバーブ・ホールだぞォオオ!!」
アキラ
「ボクは、ガード・テイマーの アキラだ!」

カオスグレイモン
「ガード・テイマー?? グァアアッッハッハッハッ!
 おもしろい、あのクリムゾンを こまらせている、ガード・テイマーの こぞうとは、お前だな!!
 ならば、ワシがお前をかたずけて クリムゾンのハナをあかしてやるか! さあ、かくごするがいいッッ!!」

- 戦闘 -

アキラ
「やったぞ! カオスグレイモンをたおした!!
 あッ! カオスリングはっけん! やった――!!」




バイアス・ホール

カオスシードラモン
「フフフ、まちかねたぞ。 ガード・テイマーよ。」
アキラ
「えッ!? なんで、ボクが 来たことを知っているんだ??」

カオスシードラモン
「ニヤリ、そんなことも わからんとおもってたのか!?
 こんなヤツに手こずるとは クリムゾンのヤツも たいしたことはないな・・・
 ほんとうなら、ワシがここで 戦うより、クリムゾンと戦わせるほうが とくさくなのだが、しかたあるまい。
 カオス3しょうぐんが1人 カオスシードラモンさまが お前のあいてをしてやろう!」

- 戦闘 -

アキラ
「フ――ッ、手強かったけど なんとかたおせたぞ!
 えーと、カオスリングは・・・ あった、カオスリングを 見つけたぞ!」




ノイズ・ホール


ベルトラン
「ギュギューン” ギュギューン! オレのマシンは、せかいで1ばんだ!!」
 おや?なんか、しけたマシンが いるな!? もしかして オレとしょうぶするきか??」
アキラ
「げげげッッ!? また ベルトランが、おかしいぞ!」


- 戦闘 -

アキラ
「おい、ベルトラン! だいじょうぶか!?」

ベルトラン
「・・・・・・ ・・・・・・!?
 あれッ!? アキラ?? なんで、お前がここに いるんだ??
 それに、リンリンシャオたちは? あれ、オレ、いままで何を してたんだ・・・
 このワームホールに入って しばらくすると、ゲロゲロって おとが聞こえて・・・!?
 まさか、また オレは、てきのワナに ひっかかったのか?」
アキラ
「・・・・うん そうみたいだね・・・」

ベルトラン
「なにーッッ!? ひきょうなヤツらめ――ッッ!!」
アキラ
「おい、ベルトラン!  おちつけよ!!」


 ベルトランのデジビートル、1歩移動

ベルトラン
「ああッッ!? また EPが0になっちゃった!!」(強制送還)
アキラ
「・・・・やれやれ またか・・・」




リンリンシャオ
「ジャジャーーン! おまたせ! リンリンシャオちゃん、とうじょう!!」
アキラ
「うわーッッ!? やっぱり、リンリンシャオも!?」


- 戦闘 -

アキラ
「リンリンシャオ! だいじょーぶかい!?」

リンリンシャオ
「うーーん・・・ あたまが、ガンガンするー・・・
 ・・あれっ!? アキラじゃない?? どうして、ここにいるの?」
アキラ
「リンリンシャオ! それは、ボクのセリフだよ!?」

リンリンシャオ
「・・そうよね。 また、私 てきのワナにひっかかったのね・・・
 ワタシたちは、ガードリーダーの めいれいで、アキラのてつだいを しに来たのよ・・・
 でも、なんだかぎゃくに めんどうをかけちゃったみたいね。 ゴメンなさい・・・」
アキラ
「いーんだよ。 きにしなくても。
 でも、リンリンシャオ ここはきけんだから、1かい もどったほうがいいよ。」

リンリンシャオ
「うん、そうするわ。 じゃあ、あとは、よろしくね。」(AP起動)



アークシュルツ
「うおォォォ!! ぶっちぎりだぜェェーー!?」
アキラ
「ええッッ!? アークシュルツさんまでェー!?」


- 戦闘 -
 
アキラ
「だいじょーぶですか? アークシュルツさん??」

アークシュルツ
「・・・・・・ ・・・・・・はッ!?」
アキラ
「きがつきましたか? アークシュルツさん!?」

アークシュルツ
「オレは? たしか、ゲコモンに かこまれて・・・
 しまった、ヤツらの コンフューズこうげきをくらって しょうきをうしなったのか!?
 なんと、うかつな! オレもまだまだ、みじゅく! さらばッッ!!」(AP起動)
アキラ
「ああっっ!? ちょっと、アークシュルツさーーん!」




????
「ワン・ツー・スリー ワン・ツー・スリー」
 ステップは、かろやかに そして、スピーディに ワン・ツー・スリー」

 デジビートルが近づいてくる

ヴィーヴィ
「うふふふっっ、さあぁっ! いっしょにダンスをおどりましょ!!」
アキラ
「・・ヴィーヴィさんも おかしくなってる・・・」


- 戦闘 -
 
アキラ
「ヴィーヴィさん!? ヴィーヴィさんってば!?」

ヴィーヴィ
「うーーん・・パルモン・・・ そのちょうしよ・・・!?
 あれッ!? ここはどこ? あれれ、パルモンは?? いったい、どうしちゃったの??」
アキラ
「ヴィーヴィさんも、てきのワナに かかっていたんですよ。」

ヴィーヴィ
「ワナ? えーーッッ!? そぉーーなのぉーーッッ!?」
 きゃーッッ、どーしようッッ! はずかしいッと言いつつ、APを きどうしちゃおッと! てへッ♪」(AP起動)
アキラ
「えーーッッ、ヴィーヴィさん それはないよーッッ!?」




クロンガンダー
「やあ、アキラくん! こんなところで会うとは、きぐうだね。」
アキラ
「あれ? クロンガンダーさん! へんになってないの??」

クロンガンダー
「へん?? このオレが おかしくなるわけないだろーーがッ!」
 ほぉーーら じぇんじぇん だいじょーぶなのらーー!!」(暫くウロチョロした後、無言で近付いてくる)

- 戦闘 -
 
アキラ
「クロンガンダーさん! だいじょーぶですか?」

クロンガンダー
「・・いてててぇ、いったい どーしたんだ??
 ここは、いったいどこだ? うん? そのこえは アキラくんじゃないか?」
アキラ
「そうです。 ガード・テイマーの アキラです!
 クロンガンダーさんたちは てきのワナにかかって しょうきを、うしなっていたんです。」

クロンガンダー
「なにッッ!? そうだったのか・・・
 どうやら、キミをてつだうつもりで 来たはずが、いつのまにか キミにすくわれていたようだな・・・
 オレも、しゅぎょうがたらんな。 アキラ、この奥のフロアにいる ゲコモンにきをつけろよ。」
アキラ
「はい、クロンガンダーさん わかりました!」

クロンガンダー
「まぁ、アキラなら だいじょうぶだとおもうぞ。」
 じゃあ、オレはデジビートルの そうびのほきゅうをしにかえるぜ! がんばれよ!!」(AP起動)



????
「ゲロゲロゲロッッ グワァッグワァッグワァッ
 わがはいのビブラートは いつ聞いても、ほれぼれ するゲローーッッッ!!」
アキラ
「おい、ゲコモン! 出て来い!!」

ゲコモン
「ダレだゲローー、わがはいを よぶのは??」
アキラ
「ボクは、ガード・テイマーの アキラだ! お前をたおしに来た!!」

ゲコモン
「ゲロゲロゲーロッッ また、ガード・テイマーか??
 さっきも、何人か来たけど わがはいのすばらしいうたごえで やっつけてやったゲローー!」
アキラ
「ボクは、お前なんかにまけないぞ! 何がゲロゲロゲーロだッ!!」

ゲコモン
「わがはいのうたごえを、バカにする ヤツはゆるせないゲローーッッ!!」

- 戦闘 - (戦闘後はお互いにセリフなし)




カオスピエモン
「うん!? お前はダレだ?
 ブラッドナイツのこしぬけじゃないな? さては、お前がブラッドナイツをおって 来たというガード・テイマーだな!?」
アキラ
「そうだ! ボクは、ガード・テイマーのアキラだ!!」

カオスピエモン
「ヒャヒャヒャヒャッッ! いせいのいい、こぞうだな!!
 だが、カオス3しょうぐんの1人 カオスピエモンさまに そんな口をきいてよいのかな?
 ふん。 まぁ、お前をここで ちまつりにあげて、クリムゾンの ムノウさをしょうめいするのもよいな!」

- 戦闘 -

アキラ
「やったーー! カオスピエモンをたおしたぞ!」
「あとは、カオスリングを手に入れれば いいんだけど・・あっ、あったぞ! よし、これでOKだ!!」



 
クラスタ・ホール


????
「よく、ここまで来たね。 さすがだ、アキラくん。」

 デジビートルが近づいてくる

クリムゾン
「ひさしぶりだね、アキラくん。 さいかいできて、うれしいよ。」
アキラ
「クリムゾン! こんどは、にがさないぞ!!」

クリムゾン
「フフフ、さて、それはどうかな? キミに、この私がつかまえられるかな??
「私のけいかくは、じゅんちょうに すすみ、あといっぽでかんせいするのだ。 だから、ここでやめるわけにはいかない!」 

- 戦闘 -

クリムゾン
「・・やはり、キミのその力 ただモノではないな・・・
 ほんとうに、キミのその力はおしい! できれば、私のけいかくに 力をかしてくれればいいのだが・・・」
アキラ
「ボクが、お前のけいかくになんか 力をかすわけないだろう!」

クリムゾン
「・・やはり、ムリか・・・ 私1人ですすむしかあるまい。
 ・・・・さぁ、行きたまえ! この奥でカオスロードが キミをまっている。
 私はさきに、ディレクトリたいりくへ かえらせてもらうよ。もくてきのモノは すべて、手に入れたのでね。
 それじゃあ、アキラくん。 さらばだ!! また、会おう!!」(AP起動)
アキラ
「まてッ! クリムゾン!! お前は、何をたくらんでいるんだ!?」




カオスロード
「お前が、ガード・テイマーの アキラか?」
アキラ
「そうだ! ボクはアキラ!!」
 カオスロード、お前の手下たちは みんな、ボクがたおした! のこるは、お前だけだ!!」

カオスロード
「手下をたおしただと? ハッハッハッ、それがどうしたのだ!?
 いずれは、カオス3しょうぐんも ふくめ、すべてのヤツらを このワシが、ほろぼすつもりだったわ!
 このせかいで、そんざいできるモノは さい強のデジモン、つまり、このワシ カオスロードのみなのだ!!」
アキラ
「!?」

カオスロード
「すべての、セイメイは しんかのちょうてんをめざす!
 そのちょうてんにたつのは すべての戦いにしょうりした1人だけ。 つまり、このワシだ!!
 さい強のデジモン、このカオスロードに こぞう、お前はかてるかな? さぁ、かかって来い!!」

- 戦闘 -

カオスロード
「みごとだ・・・ このワシをたおすとは・・・
 ファイル島のさい強のデジモンと言われた このワシも、しょせん、いの中の かわずだったということか・・・
 よりきびしいかんきょうで 人とデジモンが、おたがいにきたえあう。 それが、さらなるしんかのみちか・・・
 しかし、このワシもただ ほろびるだけではない・・・ ワシもカオス3しょうぐんもな・・・
 アヤツ、クリムゾンにわたしたモノによって ワシらは、よみがえるのだ。 あらたな、セイメイとしてな・・・
 ・・そうか、それが・・・ それが、わがしゅごしゃの のぞみなのか・・・」(消滅)
アキラ
「カオスロード・・・ ・・・・・・」







コラムトップに戻る
サイトトップに戻る